帯広の出会い系体験談

帯広の出会い系(ハッピーメール) 51才 パート

投稿日:2018年7月12日 更新日:

ようやく夏が来た感じの帯広です。
といっても私みたいなおっさんには、女性の服装が薄くなって透けブラくらいしか楽しみはないですが(^◇^;)
みなさんももちろん好きですよね?

また素足がみられるのもこの時期です。
舐め回したい変態的な衝動は頭の中だけの妄想にしておきます。

帯広で出会い系(ハッピーメール)で51才との出会い

6月の末くらいからは仕事も忙しくて、出会い系で遊ぶことも難しかったです。
それでも毎日プロフィールのチェックはかかしません。

若い子もいいものですが、熟女も美味しいものですよ!
今回は帯広でエッチまで行けたので、久しぶりに熟女の体を堪能することができました。

帯広で出会い系(ハッピーメール)で51才とメール

プロフィル検索では年齢はしていません。
18才から60代までいろいろ女性が、帯広でも検索に引っかかります。

51才の女性はプロフィールにはあまり詳しい入力はしていませんでした。
ただし、既婚者ではなくバツイチは間違い無いようです。

いつものように自己紹介のメールを出して様子を見ます。
今回はすぐに返信がありました。

エロ目的の私でも最初からエロ全開のメールを出したりはしません。

最初はやはり、会おうというのはやめてメールで遊んでください程度がいいのです。
会おうというと相手は返信すらないことでしょう。

51才の女性とのメールやり取りですが、すぐにラインに移行できたのもあってエロい話が多くできました。

女性は医療関係の仕事をしているそうですが、看護師かどうかは教えてくれませんでした。
体型は普通より少し痩せていて、胸は小さいとのこと。

小さいというかもう垂れているので、ないも同然と言っていましたけど・・・^^;
私は胸はどちらかというと貧乳好きなので、全然構いません。

相手の女性は、最近はずっとセックスしたことがなくて一人でおもちゃを使って遊んでいると言っていました。

実は私はおもちゃを使ったことがありません。
よくラブホに置いてたりしますが、やっぱり自分の指や口などで生身の体で気持ちよくしたいと思うからです。

しかし、女性の方は別におもちゃでも同じように感じてイケるみたいです。

ラインでのやり取りが進んでくると、女性から顔は写っていませんが胸やあそこの画像を送ってくれました。
私の方も顔なしで、元気なあそこを送ってもいました。

お互いそれを見ながらオナニー三昧です。

ネタがあるということはいいことです。
特にこういうことは単身赴任じゃないと楽しめません。

もちろん送られた画像が本物かどうかはわかりません。
それでも本物という可能性があるだけで十分なのです。

しばらくはそのライン画像で抜くことができました。
画像はおもちゃを挿入していたり、指で開いていたりと十分楽しめました。

相手の女性も私の画像でオナニーを楽しんだと言ってくれました。

帯広で出会い系(ハッピーメール)で51才と会う

今までの経験上、会う前にこういう風に盛り上がってしまうと会えないことが多いのです。

これは女性側がさんざん自分の恥ずかしい面を見せたということから、実際に会いづらくなってしまうのです。

ですからまず会うことを考えるのならば、エッチな会話はそこそこにして会う約束をしたほうが無難なのです。

今回は、エロ全開でしたが誘う時は普通に食事に行きませんかというものです。
これで様子を見るのがベストなのです。

食事にはすぐにOKの返事をもらいました。

私は帯広での出会い系では、もうかなり会っているのですがそれでも最初の出会いは緊張します。

待ち合わせ場所は、大通りにるマルハンの駐車場に17時

帯広,出会い系

いつも私は15分前には行って、相手の女性が来るまでの時間を楽しみます。
一番ドキドキする時間だからです。

本当に相手の女性は来るのか?
来ても実際はぽちゃぽちゃだったらどうしよう?
けばくて怖そうな女性ならどうしよう・・・

いろいろな不安感があったり期待があったりと楽しめるのです。

時間より5分前に彼女は来ました。
白い系で、私の止めてる場所を教えていたのですぐにわかりました。

私の隣に停めて軽くお互い会釈して挨拶
意外なほど真面目そうな感じだったのでびっくりしました。

この彼女がラインであんな会話や画像を見せてくれたのかと思うと信じられません。
車から降りて来た彼女の体型は、やはり痩せている感じで胸もあまりない感じです。

タイトスカートからでた、足だけでも私は興奮しました。
頭の中はもう妄想がぐるぐる回っていました。

彼女を助手席に乗せて、西帯方面に向かい小さなカフェでパスタを頼みました。
カフェでの会話は、お互い緊張していたためかごくごく普通の会話です。

バツイチになったのはいつか?
子供はいるのか?
彼氏は?

など、淡々と聞いていました。
それでも食べた後は、ラインでの会話や画像などの話で盛り上がりました(^◇^;)

もう、私は衝動を抑えきれなくて
「この後にラブホ行きませんか?」

と、聞いていたのです。
相手の女性はちょっとびっくりしていましたが、
「いいですよ」

と、もう私はあそこがギンギンになって周りの目を気にしながらカフェを出たのでした^^;

帯広で出会い系(ハッピーメール)で51才とラブホへ

検索してラブホを探して見ると、すぐ近くに一軒ありました。
迷わずそこに飛び込みました。

部屋に入ると私は彼女の後ろから抱きしめました。
彼女は拒否することなく、体を預けて来ました。

バックの体制で胸をもみあげ、彼女のうなじにキスをしていました。
彼女は少し声をあげました。

彼女のお尻に私の元気になったものを押し付けて腰を振ります。

彼女は
「もうこんなになってるんですかぁ」

と、ちょっと含み笑いをしながらも気持ちよくなって来ているみたいでした。

ソファに座ってちょっと落ち着きました(笑)
風呂にお湯を入れて、しばらくしてからお互い裸になり湯船に浸かります。

お互いの体をくっつけあって、体の反応を楽しみました。

彼女の手を私のいきり立ったものに持って来ると、ぎゅっと握ってくれてやさしくしごいてくれました。

私も彼女の乳首を丹念に舐め上げた後に、秘部に指を出し入れして彼女の反応を見ます。
彼女は腰を浮かせて、指の出し入れに合わせて体を動かします。
風呂の中であっても、もうびしょびしょになっているのがわかるくらいです。

私が立って彼女の顔の前に股間を持って行きます。
彼女はためわらずに、私のものを口に含んでくれました。

同時に、先っぽから袋の方まで丹念に舐め上げてくれました。
しばらくしてバックになるように促されると、私のアナルに彼女の舌がなぞって来るのがわかりました。

アナルを舐められながら、彼女の手は私のあそこをしごき続けます。

こんな刺激は初めてだったので、おもわず喘ぎ声が出てしまいました。
彼女の舌がアナルの仲間で侵入して来ました。

彼女の手の動きも速くなって来ました。

「うっ、」
もう我慢できません。

「でるっ」

というと、彼女は
私の股間の前に顔を持って来て、しゃぶりつきました。

熱いものが私の中から外に勢いよく放出されました。
それを彼女は口の中で受け止めてくれました。

何度も何度もドクンドクンと脈打っているのがわかります。
彼女はそのほとんどを飲み込んでくれました。

こんなにも奉仕してくれる女性は初めてでした。
もう彼女の虜になりそうです。

さすがにこの後は彼女に指と舌で奉仕したのですが、2回目の放出は叶いませんでした。
一度会った人とはあまり会わない主義ですが、彼女とはまた会ってみたいと思いました。

 

帯広で使える出会い系


帯広での出会いなら「ハッピーメール」の登録者は一番だと思います。ここでのならばきっと好みの男性との出会いがあるに違いありません。
ハッピーメール(18禁)



帯広で出会いをさがしていのであれば、サクラゼロの出会い系PCMAXがおすすめです。
サクラゼロの出会い系
PCMAX無料登録はこちら(18禁)



女性誌多数掲載!
普通の子に会える

-帯広の出会い系体験談
-, , ,

Copyright© 帯広の出会い系でセフレ探し実践記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.